2008年03月28日

求む!バス芸人

JRバスグループが、20000円で6日間高速バス乗り放題切符の発売を発表しました。

じゃじゃじゃじゃじゃあ、と挑む馬鹿が何人いるのか、、。
でも、この路線だと、空路を使わずに北海道と内地の路線とを直接結ぶ経路がないな。
直江津-博多のフェリーが復活すれば、全路線を制覇可能かな?
九州も博多までしか行けないしなあ。
まあ、私が使うことはないと思いますが。
posted by あきゅら at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月18日

ヤットデタマンスリーウェザーレビュー

D論の後半部分(かなり加筆)がやっと論文として出版されました。

Numerical Study of Explosively Developing Extratropical Cyclones in the Northwestern Pacific Region, MWR, 136, 712-740,

です。
日本付近で発達した爆弾低気圧の発達に凝結に伴う潜熱がどの位影響があるか、MM5を使った数値実験で解析しています。

受理されたのが去年の4月19日ですので、出版まで丸々11ヶ月です、、。
2月号が3月半ば過ぎに出てる時点で、かなり遅い、、。
長かったなあ。
論文もちょっと長すぎ(29ページ)です、、。
興味のある方はどうぞ。
posted by あきゅら at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月15日

鹿島参り

怒涛の2週間にもかかわらず、その合間にコンサ開幕戦があったので、3月8日(土)に鹿島に行ってきました。
鹿島に行くのは、初めてだったので乗り換え案内で最安と表示された、京成経由JR成田線、鹿島臨海鉄道というコースを選択。
午後4時キックオフの試合のために家を出たのが午前10時半。
成田線まではすんなり行って、のどかな風景を満喫してました。
が、佐原という駅で、鹿島神宮行の接続まで1時間ということが途中で判明、、。
しかも、佐原はsuica対応してないし。
で、しょうがないので現金精算をして、改札を出ました。
PSPで時間つぶしをしようかと待合室に行ったところ、
そこの地図に、佐原は伊能忠敬の出身地ということで、住んでいた家のあたりの当時の街並みを再現(保存?)して、実は観光地だと判明。
というわけで佐原を散策することに。

P3080181.JPG

旧家風の駅から歩いて10分強で忠孝橋のたもとに到着。

P3080183.JPG

P3080186.JPG

時間がそんなになかったので、中には入りませんでしたが、こちらが伊能忠敬の家。

P3080184.JPG

P3080185.JPG

で、1時間後、電車に乗って鹿島神宮駅に着いたのが午後3時頃。
ここから鹿島臨海鉄道に接続するんですが、それも約30分以上という話。
確かスタジアムまでのシャトルバスが出ているという情報があったので、外に出てみましたが、そこは、すでにすし詰めのバスと、すごい勢いで次々と出発するタクシーに並ぶ2本の長蛇の列。
お金もそんなになく一人だったので、ちょっと悩みましたが、バスで15分なら歩けると思い、歩き始めてしまいました。

が、ただひたすらに車だけが通るバイパスを一人歩くのはなかなかきつく、本当にスタジアムに行けるのかかなり不安に。
でも、今更駅に戻るわけにもいかず、残り2kmの看板を信じて歩き続けました。
キックオフまで15分という結構焦ってきたところで、スタジアムからの歓声が聞こえてきました。
いやあ、よかった。

P3080187.JPG

で、なんとかコンサ仲間とも合流しキックオフを待つばかりとなったんですが、その前に国歌独唱のアナウンスが。
さて、誰かと思ったら、「河村隆一さんです」との声。

P3080188.JPG

まさか、ルナシーボイスの君が代を聞けるとは思っていませんでした。
文字にできない面白さ、、。
伝えられないのがもどかしい。
誰か録音してないだろうか?

P3080190.JPG

ま、このギャグにやられたわけではないんですが、前半頑張ったコンサも、後半、コーナーから先制されたあとは余裕ができたJ1王者のうまさに翻弄されて、結局0対4で惨敗。
疲れた1日でした、、。

P3080191.JPG
続きを読む
posted by あきゅら at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

文化の違い?

今回の研究はハワイ大の方々とも共同で行ったものなので、あちらでも報道発表が出ました。
それがこちら
うちの報道発表と比べると、その違いは明らか。
日本で大学や研究機関がこういう報道の仕方は絶対できませんね。
あと、Nature本体が出版1週間前に次号の内容をメディア向けに発表するそうで、向こうのメディアはそれを元に、研究者にアポやら取材やらをするんだそうです。
実際、北大にはそれを見たといって海外メディアからメールが数通来たそう。
で、そのNatureの発表に、こちらでの記者発表日程も載せれますよと連絡が来たんですが、こちらのは記者クラブ向けの閉じた発表ということで載せませんでした。
どちらがいいかはわかりませんが、ずいぶんと違いがあるもんだなと思いました。
posted by あきゅら at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月14日

解禁

3月13日(木)出版のNatureに私が共著に入ってる論文 "Influence of the Gulf Stream on the troposphere"が掲載されました。
表紙も飾っています。

で、Natureなのでプレス発表をすることになったんですが、出版の1週間前までメディアに接触しちゃいけないとか、出版前に報道されたら掲載を取り消すとかいう条件がついていたので、ブログにも書けずに、なんかいろいろ大変でした。

そもそも、3月13日号に出るとわかったのが、2月29日(金)という出版2週間前で、表紙採用予定も直前差し替えもありとのこと。
で、この2週間で、うちの報道室と北大と文部科学省とのスケジュールやらプレス発表文やらの調整というハードなスケジュール。
遅くとも出版日の前日には記者発表をしなければ、13日の各種報道には間に合いません。
なので、遅くとも本番は12日(水)。
ですが、しっかり週休2日の官ですので、営業日はその時点で7日間しかありません、、。
さらに、文部科学省の記者クラブに対して記者発表をしたんですが、他機関の報道発表のスケジュールやスペースシャトルの打ち上げがあったりして、日程は次々と変更。
当初12日(水)午後の予定が結局10日(月)の午後5時からとなりました。
しかも、それが決まったのは確か3月6日(木)の夕方、、。
来週水曜なら月、火で準備できるなあと思ってたところに、週末明けの月曜本番ということになり、一気に余裕がなくなります。
その間に、プレスに渡す資料やプレゼンの準備をしなければならず(といっても、私は見延先生と当機構とのやりとりを仲介するだけでしたが)、びっくりな忙しさ。
しかも、当初、見延先生がすべてプレゼンをすると思ってたんですが、その段階になって私も話すことになって、プレッシャーが倍増(っていうか、それまではほぼ0だったのでいきなりフラグが立った感じですが。)
というわけで、そんなことが先週のぼやき気味の日記になってしまったわけです。
で、なんとか一区切りついたと思ったら、その後もちょろちょろ取材がきたりして、なんか、わやな2週間でした。
まあ、貴重な経験をしてきましたが、やっぱりテンパっていたのか、記者会見室の写真も撮ってません、、。
もったいない、、。

何はともあれ、関係者の皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。
posted by あきゅら at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年03月07日

1日がかり

今日もほとんど研究できませんでした。
来週は2日あった外勤が月曜1日にまとまったので、仕事できるはず。
で、明日は鹿島でコンサ開幕戦です。
こちらがほんとに1日がかり。
片道3時間半です、、。
PSPの電池もたないんじゃないかと、ちょっと心配。
まあ、コンサの内容の方がかなり心配なんですが、、、。

勝てるとは思ってませんよ、もちろん。
posted by あきゅら at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月06日

管理職になるということはこういうことだあ(爆)by ランバ・ラル

って、別に管理職になったわけではないんですが、、。
本日は結局お昼からずーっと、事務処理&渉外対応で終わってしまったんです、、。
昨日あたりから、やっと論文の構成が頭の中で固まってきたのに。
管理職が毎日こうとは思いません(思いたくない、、)が、もしそうだとしたら、ぞっとします、、。

うぐぐ。
っていうか、2年前の事務手続きの確認を今頃、、。
統合したら、よくは、、、ならんだろうな、、。

早くマドラス落としてキリマンジャロ取り返さないと。
でも、連邦のモビルスーツは化け物だし、、。
はう。
posted by あきゅら at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月05日

パスネット

先日、諸事情により定期を持たずに通勤しました。
東横線は数百円残っていたパスネットを使いましたが、帰りに残高がなくなったので、回収箱に入れてきました。
が、よく考えたらもう少しでパスネットが廃止になることに気がつきました。
記念に取っておけばよかったかな。
ま、いっか。
posted by あきゅら at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

気象学におけるデータ同化

日本気象学会が発行している気象研究ノートの新刊がでました。
今回は「気象学におけるデータ同化」。
なんか、売れそうだなあ。
誰か近くに著者いないかなあ?
(注:著者がいれば、ただでもらえる可能性がある)

そういえば、海洋のデータ同化の教科書作成中の噂を前に聞いたけど、そっちはどうなったんでしょ?
posted by あきゅら at 21:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年03月04日

物書き

年度末だからというわけではないのですが、今日は一日中、文章を書いてました。
口で言えば(多分)伝わることを文章だけで伝えるのは、やっぱり大変。
どんなに詳細に記述しても、主観性は拭えるものではなく、誤解や一部分の一人歩きが生じます。
かといって、一言で言えるほど物事は単純じゃない。
特にニュースなどは時間や字数の制限から多くの説明が省かれてしまいます。
そういう状況の中で、知識ベースや前提がほぼ同じである科学者同士でもなかなかわかってもらえない(論文の査読はまさにそれ)ことを、そうじゃない一般の人に伝えるのは至難の業です。
文字の誕生が誤解の誕生ではないかと思ってしまいます。
書いてあることは事実だけど真実じゃない。
難しいなあ。
posted by あきゅら at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月03日

IGO AMIGO

昨日、「IGO AMIGO」なるものに行ってきました。
要は囲碁教室なんですが、囲碁人口の少ない20代30代をターゲットに囲碁を普及しようというものだそうです。
梅沢由香里プロが発案というか代表です。
彼女はフロンタのGKの奥さんだとか、「ヒカルの碁」を監修してたりとかして、有名な棋士さんです。
会自体はプロやアマチュア有段者が教えてくれたり、終了後には飲み会があったりと、かなりフレンドリーな会でした。
今回初めて参加しました。
囲碁はほとんど初心者なので、受けたのは入門者コース。
先生は向井梢恵プロ。
囲碁の歴史からルールの説明、入門者同士で9路盤(9x9の碁盤、通常は19x19)で対局という流れ。
13時半開始で17時くらいまでやってたので3時間近くやってたんですが、初めてでも面白かったし、案外疲れました。
将棋と違って、どこまで打てば終わりかが初心者にはわかりづらいので、そこがちょっと苦労しました。
これは慣れしかないのかなあ。
飲み会でも、いろんな異業種の方と接して、新鮮でした。
(若い(?)ノリにいまいち乗り切れない老いた自分がいましたが、、)
次は9路盤コースかな。
posted by あきゅら at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記