2006年11月27日

不採用

この記事によれば、気象庁では「爆弾低気圧」の呼称は不採用のよう。
でも、「急激に発達する」とか「猛烈な風を伴う」という表現は、結局一般人に「やばい」という感覚を与えづらいのではないかと思います。
まあ、「爆弾低気圧」という呼び名も"Bomb cyclone"の直訳なのでどうかと思いますが、「台風」という言葉が中心気圧や風速によらず、危険であるという認識が日本人に根付いていることを考えると、低気圧を形容するだけでは弱い感じがします。
同様に、「滝のような」とか「バケツをひっくり返したような」という雨の表現は状態を表すにはいいかもしれませんが、その結果我々の身に何が起こるのかという注意喚起や警戒行動には直接結びつきません。
津波についての記事もありますが、10年に一度や100年に一度の現象について経験に基づく避難行動は不可能です。
想像力の欠如や危機意識の低下もあるかもしれませんが、それでもやばいと思わせる表現が必要なのではないでしょうか?
posted by あきゅら at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月20日

JRA25

JRA25の6時間ごとのデータをダウンロードしているんですが、さっぱり終わらない。
サーバの負荷軽減のため、wgetで1ファイル落とす毎に120秒のスリープが推奨されているんですが、時にはスリープしても人大杉でダウンロードできないことも。
っていうか、単純に1ファイル/120秒で25年間分のデータをダウンロードするとどれくらいかかるのかと思って計算してみたところ、

4*365*25*120=4380000秒

なんと約51日、、。
ダウンロードだけで2ヶ月かよ、、。
もうちょっと頑強なサーバにならんのだろうか。
これを考えると、ECMWFとかNCEPってどのくらいのサーバなんだろ?
posted by あきゅら at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月13日

あら?

週末は、ずいぶんと「ドップラーレーダー」という言葉がテレビで聞かれましたが、どさんこワイドのニュースに指導教官が出てました
あれ、何か変?
posted by あきゅら at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月09日

閉店

なぜか、僕のよく使っていたコンビニ2件が先月一杯で閉店してしまった。
ひとつは家の近所のローソン。
DVDを予約していたのでカスタマーセンターに連絡したところ、郵送で送ってくれるらしい。
お近くの別店舗といわれるとやや遠かったのでよかった。
もうひとつは職場近くの丸K。
まあ、筋向いにもうひとつ丸Kがある時点で不思議だったんですが。
で、さらに横浜駅のホームのキオスクも午後からの営業に。
夏は電車待ちの間、漏れ出してくる冷房で涼んでいたんですが、冬の暖房は期待できないようです。

posted by あきゅら at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

竜巻調査

佐呂間の竜巻で業界関係者がいろいろテレビに出たりしてますが、
僕の指導教官は道新のヘリに乗って調査していたらしい。
高所恐怖症の僕には無理だな、、。
それにしても、共同通信の「気象庁のほか、関係省庁による政府調査団、気象学が専門の北海道大講師ら」って、個人名を伏せる意味がないよ、これ。
posted by あきゅら at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記